人気ブログランキング | 話題のタグを見る

初・西部劇

『3時10分、決断のとき』 を見ました。
義理と人情と友情と家族愛に 満ち満ち溢れた映画でした。
勝新みたいな人が登場=ラッセル・クロウ。 ぜんぜん死なない(不死身)
サイゴのサイゴで友情の証をみせる勝新、違った、ラッセル・クロウさまの姿に
私、号泣す。。 あの狭い松竹の試写室で 泣いてる人間ただ1人・・・・
やばい 西部劇。

初・西部劇_c0153150_2242024.jpg
by kogacinema | 2009-07-17 22:55 | daily
<< ぶんぶん通信no.1上映会します 見えないものを見えるようにする >>