アンネの追憶

先日、松竹試写室で見ましたアルベルト・ネグリン監督 『アンネの追憶』 
 …小学生の時にナイチンゲール、ヘレン・ケラー、アンネの日記系は
多くのひとが読む、とゆーか読まされる児童文学←感想文の宿題で。 もちろん
小学生の心を打つ文句無しの感動ストーリーで号泣したのを覚えてるうえ
近所の幼馴染とヘレン・ケラーごっこして「ウォーーラーー!」 叫ぶのが私の役柄だった…

アンネの日記には続きがあったなんて知りませんでした。この 「もうひとつのアンネの日記」
が原作の映画です。それにしても初めて知ったこと2つめ、アンネがオランダのモンテッソーリ
学校に通学していたこと。。 13歳であんな素晴らしい日記を書けたのは
モンテッソーリ教育を受けていたからでは??! 邪推する私でした。
4月、感動のロードショー! 公式サイト

c0153150_1627640.jpg

[PR]
by kogacinema | 2012-02-28 16:30 | daily | Comments(0)
<< 通りかかったら 放射線量のコト >>