鉄西区

王兵監督、大好きです。アテネフランセへ特別上映会を見に行きました。
9時間の長編なので1日では見終わらず 今日は2部&3部を。
画像が綺麗でワンシーンワンシーンが写真的。音楽は無くBGMは町の生活の音だけ。
ナレーションも無く説明は字幕のみ。とてもシンプルな映画。 なのに こんなにも印象深い
のは何故なんだろう・・・ 映っている人達が自然過ぎて不自然。山形で見た ”フォンミン”
も主人公のおばあちゃまが一語一句、間違えないで喋り続けているので これはやらせ?!
それとも実は台本があって暗記して話してるのかなあ?!なんて思ってしまったほどだった。
鉄西区もドキュメンタリー映画じゃないみたい。どちらかとゆうとファンタジー。
そうだ!きっと王兵監督は透明人間なんだ。撮影している時だけ透明人間になれて
だから 撮影している事に気づかれないんだ! 
残りの1部も楽しみだなあ
[PR]
by kogacinema | 2007-12-04 22:40 | daily | Comments(0)
<< 六ヶ所村ラプソディーを見よう video act!上映会 ラ... >>