山形国際ドキュメンタリー映画祭

あれから まだ二ヶ月しか経ってないのに、もう遥か昔のことのよう。。
それくらいドキュメンタリー映画好きには夢のような日々でした 笑
いちばん最初に見たのは ”遭難フリーター” 会場の通路も埋まってしまうほどの
満員の人で 私はいちばん後ろの壁によりかかりながら、なんとか見ていたのですが
上映後のトークショーで 「監督どうぞ!」と呼ばれた瞬間、私の右隣にずっと居た人
がヒョイヒョイと舞台に上がって挨拶。なんだ岩渕監督だったのかー! お話しすればヨカッタ。
他にも面白い映画はイロイロあったのですが 驚いたのが活弁士・澤登翠さんのサワトーキー
フィルムが無くて真っ暗闇の中 ただ澤登さんの口演を聞くとゆうもの。
でも、さすが澤登さん。私の心の銀幕に 映像が現れましたよ。。
東北芸術工科大学へも遊びに行きました。そこでもビックリ!
だって 正面にイキナリお能の舞台が、、 こんな大学、初めて見た。

c0153150_022333.jpg
[PR]
by kogacinema | 2007-12-11 00:10 | daily | Comments(0)
<< 早稲田ACTミニシアターの思い出 ジョン・レノンさんの命日 >>