今宵は乙女座で満月

高校生の時、寺山修司がダイスキで 友人Kちゃんと通学の電車の中で
お互いに好きなフレーズを言い合いながら ”どちらが選んだフレーズのほうが素晴らしいか”
を競いながら帰っていた・・・ 今 あの頃を振り返ると電車の中でハタ迷惑な高校生だったと
大反省・・・ でも、あの頃 スキだった本の中に 「人生は出会い。人間だけではなく本や映画
や、いろんな新しい出来事と~ 」 みたいな文章があって それを読んだことがきっかけで
急速に映画を見る回数が増えていった。小さい頃から、わりと映画館へは行く子供だったけど
この寺山修司の言葉にかなり影響された。 久しぶりに寺山の本を読んだ。
「この世でいちばん遠い場所は 自分自身の心である」 ・・・。 あ、よく
「家出のすすめを読んで、家出もしたでしょ!?」 って聞かれるのですが わかってるなら
聞かないでください。はい、あれは高校2年の冬の出来事。

c0153150_224998.jpg
[PR]
by kogacinema | 2008-02-21 22:10 | daily
<< 日本の広告映像はどのように創ら... 成人映画館の屋上から青空を >>