いま ここにある風景

”衝撃のドキュメンタリー” と云うコピーにひかれて写美ホール
見に行きました。 監督はカナダ人写真家エドワード・バーティンスキー。
だからなのか、とにかく写真が多用されてて 写真に始まり写真で終わる
映画でした。写真好きには面白いかも です。 
土曜夜の回なのに観客がたった5人だけ、、  私にはコレが衝撃的。
[PR]
by kogacinema | 2008-08-23 23:55 | daily | Comments(0)
<< 大変申し訳ございません、、 ひきこもりナンパ師 >>